気紛れDIARY
: 安倍 寧 Official Web Site

 この映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を見終わったあと、感想はと尋ねられたらこう答えるしかない。
 He is still alive.
 画面での彼があまりにも躍動的で、今ごろロンドンの02アリーナでライヴをやっているのではないかと思いたくなるからだ。マイケル・ジャクソンは、この映画のなかだけではなく私たちのイマジネーションのなかで、ずっとずっと生き続けていくことだろう。

アルバム『THIS IS IT』 ふと耳を澄ませば、彼がそっと私たちに
‘I am still here’
 とつぶやいているような気さえする。

 それにしても幻のコンサートとなった『THIS IS IT』のリハーサル中、よくもここまでフィルムを回していたものだとつくづく感心させられる。このドキュメンタリー映画の原材料となった映像はなんと100時間以上もあるということだ。そのなかから必要な画面を選び抜き、巧みに構成、編集し直したケニー・オルテガ監督の手腕には、ただ脱帽するのみである。

 始めから終わりまですべてが見せ場ばかりだが、ひとつふたつとくに強烈に印象に残った場面を上げておく。
 まず「スリラー」を3Dのために撮り直す場面。撮り直された作品の一部も見ることができるが、あり得ない出来事が超リアリズムで迫ってくる。
 「ブラック・オア・ホワイト」に起用された女性ギター奏者への彼の心優しい配慮にもじーんとなった。

 すべてのリハーサルが終わったとき、カンパニー全員が舞台上で輪になり、ひとりが思わず「まるでロックの教会のようだ」と叫ぶ。なるほど稽古をリードするマイケルは、説得力あふれる伝道師の趣があった。しかし、彼にはカンパニーの面々を強引に帰依させようとする姿勢はまったくない。マイケルのなかに“神”が宿り、その神が目に見えぬ何かを発しているのだろうか。
 マイケルの最後の挨拶がまたすばらしかった。
 「皆さん、よく忍耐してくれた。また私のことを理解してくれた。さあ、これから新しい冒険に旅立とう」
 patience(忍耐)、understanding(理解)、adventure(冒険)という三つのキーワードが私の胸にずしんと重く響いた。

映画の1場面 この映画では、今まで私たちがライヴ・ステージで(会場で見られる同時進行の映像も含め)見てきたマイケル・ジャクソンとはまったく異なるマイケルに接することができる。本番並みに全力で歌い踊る場面でさえ等身大という印象を受ける。観客が入っていないので、どこかリラックスしているせいか。カメラがかなり寄るので、私たちが親近感を覚えるということもあろう。

その等身大の彼から滲み出る愛すべき個性に魅了されない人がいるだろうか。

 優れたエンターテイナーの場合、個性と芸は一体である。したがって彼の愛すべき個性とは芸の発露ともいえるだろう。
 
 マイケル・ジャクソンが発揮する芸の力は歌唱力とかダンス力とかに限定されるべきものではない。他の誰もがなし得ない全身をフルに駆使しての総合的超表現力である。
 しかも、この映画で見る彼の芸には今まで私の気づかなかった磨き抜かれた洗練味が感じられた。
 すでに80年代半ば、アメリカのジャーナリズムは「マイケルはフレッド・アステアの系譜に連なる」と高く評価していた。当時、私は不明にしてその意味がわからなかったが、なるほどこのドキュメンタリー映画にはアステアをほうふつさせるソフィスティケーションとエレガンスがある。もともとその萌芽があったのだろうが、四半世紀を経てより磨かれたのだろう。そして遅蒔ながら、私もそれに気づいたということか。アステアを知らない若い世代の皆さん、YouTubeで検索して是非、彼の優美な芸をじっくり味わってください。
 最後に私はもういちど繰り返す。
Michael Jackson is still alive.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
BIRD'S EYEにも関連記事(11月19日)がUPされています。
覗いてみてください。

ソニー・ピクチャーズ
ソニー・ミュージック

★『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公式サイト
http://www.thisisit-movie.jp
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
丸の内ピカデリーほか全国公開中

 

13:00 | コメント (5)

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »